お得にiPhone、スマホを使うなら

iPhoneはこちらで
アップル公式サイト
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

2018年のiPhoneは新色が4つ?「ゴールド」「ブルー」「レッド」「オレンジ」が登場?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年のiPhoneには新色が4つ「ゴールド」「ブルー」「レッド」「オレンジ」が登場するかもしれません。

2018年のiPhoneは、カラーバリエーションが一つの特徴になるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年のiPhoneは新色が4つ?「ゴールド」「ブルー」「レッド」「オレンジ」が登場?

iphone2018-color

9TO5Mac

2018年のiPhoneは新色が4つ加わる?

ミンチー・クオ氏が、今秋発売のiPhoneに関する新たな予測を発表していて、6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載iPhoneに「ゴールド」色が加わり、6.1インチのLCD搭載iPhoneは「ブルー」「レッド」「オレンジ」などが加わるということです。

5色展開となる可能性があります。

この手の話は、いくつか出ています。

2018年のiPhoneの新色はグリーンとバイオレット?インドメディアが写真を公開

「iPhone8s」はブルー、イエロー、ピンクといったカラーモデルも登場?

 

また、iPhone Xには、ゴールどが登場するという話もありましたね。

そう考えると、そこまで不自然な話ではないということになりそうです。

カラバリ展開

エントリーレベルの6.1インチモデルは「グレー」「ホワイト」「ブルー」「レッド」「オレンジ」の5色展開になると言われています。

 

カラーバリエーションを増やして、iPhoneを展開していく。

そういうAppleの考えがあるのでしょうね。

やはり、iPhoneXのように黒とシルバーだけだと、ちょっと寂しい感じがしますよね。

カラフルなLCD搭載モデルが売上の55%を占める?

クオ氏によれば、Appleは2018年第4四半期(7-9月)に7,000万台の新作iPhoneを販売し、iPhoneの出荷台数は前年と比べて大幅に上昇するということです。

廉価でカラフルなLCD搭載モデルの売上は55%を占めると見られ、2019年に入ってシェアがさらに伸びると予測しています。

 

iPhoneXは、その高額な価格のためか、思ったほど売れていないというところがあるようです。

そこに、廉価なカラフルなiPhoneが登場すると、売上が増えるということはありそうです。