AndroidからiPhoneへの乗り換え進む中国

シェアする

中国で、AndroidからiPhoneへ乗換が進んでいるようです。

スマートフォン「iPhone」など米アップル(Apple)製品の情報を扱う中国のネットメディア『威鋒網』(2015年7月10日付)によると、調査会社CLSAは中国市場で行った最新調査で、中国のiPhoneユーザーのうち53%は「1台前は米グーグル(Google)の『Android』(アンドロイド)を使っていた」と答えた...

iPhone

スポンサーリンク

1台前はAndroidを使っていたiPhoneユーザーが53%

調査会社CLSAは中国市場で行った最新調査で、中国のiPhoneユーザーのうち53%は「1台前はGoogleのAndroid』を使っていた」と答えたそうです。

「1台前はiPhoneを使っていた」と答えたAndroidユーザーは4%にとどまったとのこと。

AndroidからiPhoneへという流れが、中国にもあるようですね。

次のiPhoneは、どうなるか?

気になるのは、次のiPhoneはどうなるのかということです。

すでにiPhone 6を買った人は、買い替えをするのでしょうか。景気が悪くなければ、買い替えをするという人も多いでしょうけれども、どうでしょうか。

Apple、2015年内に8,500万〜9,000万台の「iPhone 6s」シリーズを発注?
Appleが「iPhone 6s」シリーズの初回生産分として年内に8,500万〜9,000万台発注するようだと、WSJが報じています。 ...

Appleは、次期iPhone「iPhone 6s(仮称)」の生産台数が強気のようです。中国の景気が、販売台数に影響しそうにも思えますね。