お得にiPhone、スマホを使うなら

iPhoneはこちらで
アップル公式サイト
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

Appleの2018年iPhoneのディスプレイパネル発注数?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleの2018年iPhoneのディスプレイパネルの発注数というものがわかってきているようです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleの2018年iPhoneのディスプレイパネル発注数?

three-iphones-2018

the bell(Google翻訳)

「iPhone X Plus」が最大?

Appleは、今年秋発売の3モデルのiPhoneのうち、6.5インチの大画面モデル「iPhone X Plus」用の有機EL(OLED)ディスプレイパネルを最も多く発注したという報道です。

「iPhone X Plus」用の6.46インチのOLEDパネル:4,500万台分
iPhone X後継モデル用の5.8インチOLEDパネル:2,500万台分
6.04インチモデルの液晶パネル:3,000万台分

このような発注数になっているようです。

約6.5インチの有機ELパネルが、4,500万台分と、最大のようです。

次期iPhone 6.5インチモデルは、iPhone 8 Plusと同じサイズ?6.1インチモデルはカメラは1つ?

6.5インチモデルは、iPhone8 Plusと同じようなサイズになるという話ですね。

液晶パネルは、少なめ?

約6.1インチの液晶パネルは、3,000万台分と意外と少なめのようです。

 

この6.1インチモデルは、安くなるだろうと言われているので、人気になると思われるのですが、ジャパンディスプレイ(JDI)が受注している液晶パネルの製造に遅れが出ていて、Appleが発売を11月にずらすことを決定したため、少ないようです。

Plusが人気に?

「iPhone Ⅺ Plus」が人気になるのかもしれませんね。

このサイズのiPhoneは、これまでなかったわけで、そういう意味で「新製品」となります。

このため、人気が出て売れると、Appleは考えているのかもしれません。

 

ただ、日本では、iPhone8のほうが、iPhone 8 Plusよりも売れています。そういう意味では、5.8インチか6.1インチのモデルのほうが売れるのではないかと思います。

まあ、世界的に見ると、違ってくるのだろうと思いますが。

ということで、2018年の秋に発売されると噂されている、次期iPhoneですが、3モデルはこんな感じの台数の発注になるのかもしれませんね。