「iOS 9」、「iPhone 6s」の感圧タッチに対応した機能を搭載?

シェアする

「iOS 9」では、「iPhone 6s」の感圧タッチに対応した機能を搭載すると、9to5Macが伝えています。

Some of iOS 9’s more important planned enhancements include split-screen apps on iPads, a new Home app for controlling HomeKit accessories, a new system-wide UI...

感圧タッチ

スポンサーリンク

「iOS 9」で「iPhone 6s」の感圧タッチに対応した機能を搭載?

次期iPhoneの「iPhone 6s」で、「iOS 9」の新機能として、感圧タッチに対応した機能を搭載するとのこと。

感圧トラックパッドに対応したMacで利用できる機能が、iPhoneで使えるようになるようだとのことです。

Appleのマップアプリでピンを落としたり、押しの強さで動画プレイヤーの早送り・巻き戻し速度を調整することも可能になるそうです。

iPhone 6sでのある意味「目玉」の機能の一つになるのかもしれません。

とは言え、便利にはなりますが、どうしてもないと困るという機能でもありません。今後、アプリの対応などで、できることが広がっていくことを期待しての新機能ということになりそうです。

iMessageの既読通知や新キーボード、カナダでのApple Payなども

「iOS 9」では、他にもiMessageがグループチャットにおける既読通知に対応するなどしているということです。

また、キーボードも新しくなる模様です。予測変換システム「QuickType」を改善しているそうです。

そして、「Apple Pay」がカナダでも利用できるようになるようです。

中国でも準備中という話があります。日本でも利用できるようになると良いですね。