iPhone 6s/6s Plusは1200万画素のソニー製カメラセンサー搭載で画質向上?

シェアする

iPhone 6s/6s Plusはソニー製カメラセンサー搭載で画質が向上するだろうと、Cult of Macが伝えています。

Rumors that the iPhone 6s will be getting a vastly improved camera are picking up steam. According to a new report coming out of China, the next-generation

iPhone 6 Camera

スポンサーリンク

次期iPhone、iPhone 6sはソニー製カメラセンサー搭載で画質向上?

「iPhone 6s」には1200万画素の背面カメラが搭載されるといわれており、ソニー製のカメラセンサーを搭載するということです。

従来の800万画素から1200万画素にピクセル数を増やすということですが、ピクセルサイズは現在よりも小さくなってしまうという懸念がありました。

これが、ソニー製のカメラセンサーを搭載することで、改善されるということです。

ソニーのRGBWセンサーを採用

ソニーのRGBWセンサーを採用し、RGB(レッド・グリーン・ブルー)の3色に、W(ホワイト)を追加し、合計4色を処理することで画質を向上させるということです。

4色のセンサーで、ピクセルサイズが小さくなっても、画質が落ちないようにするようです。

iPhone 6s/6s Plusでのカメラの向上

新しいiPhoneでは、デザインはそれほど変化がないと予想されます。

そうなると、カメラも改善しないということだと、あまり変化がないということになってしまいます。

やはり、Appleとしては、カメラは改善したいところでしょう。ユーザーもこのあたりを期待していることでしょうし。

個人的には、光学ズームがつくとうれしいのですが、そういう噂はここまで無いですから、可能性は高くはないでしょう。

いずれにしても、次期iPhoneでは、カメラが改善されるのではないかというのが予想されます。どのように改善されるのか、気になるところです。