お得にiPhone、スマホを使うなら

iPhoneはこちらで
アップル公式サイト
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

「iPhone 9」の6.1インチモデル、発売が12月以降にずれ込む可能性も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「iPhone 9」の6.1インチモデル、発売が12月以降にずれ込むかもという話が出てきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「iPhone 9」の6.1インチモデル、発売が12月以降にずれ込む可能性も

three-iphones-2018

ディスプレイの歩留まりが悪い

Macお宝鑑定団blogによると

次期iPhone 6.1 LCDモデルは、ジャパンディスプレイの第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した、4辺狭額縁を実現する「FULL ACTIVE」ディスプレイを採用しているようですが、非常に高い精度の生産を要求されている状況で、7月から量産を開始したところ、完品率1%というあまりにも難しい状況に直面しており、関係者は、早くて2018年11月末出荷になるのではないかと予想しているようです。

次期iPhone 6.1 LCDモデルは、ジャパンディスプレイの第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した、4辺狭額縁を実現する「FULL ACTIVE」ディスプレイを採用していて、歩留まりが悪い。

生産性が上がっていないということです。

関係者は、早くて、2018年11月末出荷になるのではと見ているということです。

「iPhone9」は、2018年12月発売の可能性も

そうなると、6.1インチの「iPhone 9」は、2018年12月発売の可能性もあるということです。

 

そこまで伸びるというか、9月に発売にはならないという噂はありましたが、さらに伸びていきそうな感じですね。

ジャパンディスプレイにがんばってもらう必要がありそうですよね。

ベゼルレスなディスプレイを作るのは、やはり難しいのかもしれませんね。

新しい部品を使うと、発売時期が遅れる傾向が

iPhoneXの発売も、2017年11月でした。9月に発表しましたが、11月までかかりましたよね。

また、発売当初は、在庫があまりありませんでした。

 

新しい部品を使うと、発売に時間がかかるというのがあるのでしょう。そう言えば、AirPowerもまだ発売されていませんし。

こういったことを、前倒しして対応できたら良いのではと思いますが、そこまで考えて、開発するのはむずかしいのかもしれませんね。

「iPhone9」のレンダリング画像、6.1インチ液晶モデルはこんな感じに?

iPhone_9

iPhone9は、シングルカメラですが、FaceIDを搭載して、iPhoneXに近い感じになると言われています。

そして、価格も安めの感じのようです。そうなると、売れそうですよね。そういう意味では、Appleの期待のモデルになるかもしれません。あまり発売時期が遅れないと良いですが。