お得にiPhone、スマホを使うなら

iPhoneはこちらで
アップル公式サイト
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

iPhone XとiPhone SE、2018年秋で販売終了?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone XとiPhone SEが、2018年秋で販売終了になるのではという話が出てきています。

2018年秋に発売する新型iPhoneに集中するため、この秋でiPhone XとiPhone SEの販売を終了するという話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone XとiPhone SE、2018年秋で販売終了?

BARRON’S

2018年の秋に販売終了?

Appleは、2018年秋モデルのiPhoneに需要が集中するため、これまでにない生産体制をとる、とする投資家向けメモをBlueFin Researchのアナリスト、ジョン・ドノバン氏とスティーブ・ミュラーヌ氏が公開しているということです。

 

どうなんでしょうね。

秋モデルが、そこまで売れるとしたら、そういうこともあるのかもしれませんが、iPhone SEは、小型モデルとして人気がありそうですが、小型のiPhoneとしては、iPhone8などを、このまま販売するのでしょうか。

2018年のiPhoneは売れる?

iPhone Xが高価で、ユーザーの買い替え需要が蓄えられているので、2018年秋のiPhoneは売れる、ということのようです。

たしかに、価格が抑えられた、iPhoneXに似たiPhoneが登場したら、買いたいと思う人も多いのかもしれません。

「iPhone9」は価格に敏感な層に対して、そして継続販売されるiPhone8がiPhone SEに代わって低価格モデルになるということのようです。

まあ、iPhone SEがどこまで売れているのかというのもあるでしょうし、iPhone8が、さらに安くなれば、小型のiPhone需要には事足りるというのはあるのかもしれません。

2018年後半だけで9,100万台の新型iPhoneを生産?

BlueFin Researchは、2018年秋モデルiPhoneの生産台数を以下のように予測しています。

2018年第3四半期(7〜9月):2,800万台(以前の予測では2,400万台)
2018年第4四半期(10〜12月):6,300万台
2019年第1四半期(1〜3月):4,600万台
2019年第2四半期(4〜6月):4,600万台

こうなるとしたら、たしかに、結構の台数のiPhoneが売れますよね。

とくに、「iPhone9」は人気になるのかもしれませんね。

2018年後半から、2019年前半は、iPhone9を中心に、新しいiPhoneが販売台数を伸ばすということになるのかもしれません。