次期iPhone「iPhone 6s」は1,200万画素のiSightカメラを搭載?

シェアする

市場調査会社IHS Technology ChinaのKevin Wang氏が、次期iPhoneのiSightカメラは、1,200万画素になるだろうとしています。

iPhone 6 Camera

スポンサーリンク

「iPhone 6s」は1,200万画素のiSightカメラを搭載?

iPhone 6は、800万画素です。

次期iPhoneでは、1,200万画素のカメラを搭載するのでしょうか。その可能性はあるのでしょうね。

今、Xperia Zシリーズは、2,070万画素です。画素数で言えば、iPhoneのカメラは、数世代前のものと言えるでしょう。

もちろん、カメラが画素数だけではないということは、iPhoneのカメラを使って、撮影してみるとよくわかります。

そして、画素数が上がって、写真1枚の容量が増えることが良いことなのかどうかというのもありますよね。それでも、iPhone 6sでは、カメラを改善するというのはありえそうです。

次のiPhoneの「売り」は?

これまでどおりだと、次期iPhoneは、iPhone 6とデザイン的には変わらないと考えられます。

だとすると、カメラをわかりやすく改善するというのは、選択肢としてあるでしょう。もちろん、改善点はこれだけではないでしょうけれども。

いずれにしても、カメラが改善されたとわかりやすくわかれば、買い替えの理由の1つにはなるはずです。

iPhone 6sで、カメラが改善される。そういうのはありなのでしょうね。