iPhone 6s/6s Plusは16GBを廃止し32GB~。64GBと128GBは高速ストレージを採用?

シェアする

iPhone 6s/6s Plusは16GBを廃止し32GBモデルからになり、64GBと128GBは高速ストレージを採用とTrendForceがレポートしているそうです。

iPhone 6

スポンサーリンク

iPhone 6s/6s Plusは16GBを廃止し32GBモデルから?

iPhone 6/6s Plusは、16GBモデルが一番安いモデルになっています。

ただ、16GBだと少し容量が少ないというのがありますね。

このため、16GBを廃止し32GBモデルが最小のモデルになるということのようです。

また、64GBを128GBをは、高速なストレージと搭載するようだとのことです。

感圧タッチディスプレイを搭載

また、感圧タッチディスプレイを搭載するということです。

指がディスプレイにどのくらいの時間触れているか、あるいはどのくらいの強さでタッチしているか、という圧力を検知する機能がディスプレイに内蔵されるとのこと。
感圧タッチ機能により、多くの操作が可能となり、対応する機能が追加されることが予想されます。

バックライトLEDの小型化

またバックライトLEDパッケージのサイズを小さくするとのこと。

これで、薄型化や軽量化を図るようです。

全体としてのiPhone 6からの改良

この記事にはありませんが、カメラの改良なども言われています。

容量をアップして薄型化軽量化が図られるというところで、次期iPhoneは、iPhone 6から全体として改良しているというところなのかもしれません。

iPhone 6は、ヒットしています。中国などでiPhoneのスマホにおけるシェアが増えています。これはデザインの変更と画面の大型化によるところが大きいでしょう。

iPhone 6s/6s Plusが、どこまで改良されるのか。デザインの変更はここまでは噂されていません。どこまで全体として改良されているとアピールできるかが、次期iPhoneの売上につながっていくでしょうから、上記以外の改良点も気になるところです。