「iPhone 6s」のカメラ、4K動画撮影対応で1,200万画素?

シェアする

「iPhone 6s」のカメラは、4K動画撮影対応で1,200万画素になるようだと、phoneArenaが伝えています。

The Apple iPhone 6s and iPhone 6s Plus might not feature the fancy dual-lens camera technology that is rumored to bring a huge improvement in image quality, but...

iPhone 6 Camera

スポンサーリンク

「iPhone 6s」のカメラ、4K動画撮影対応で1,200万画素?

iPhone 6sでは、1,200万画素のカメラで、4K動画の撮影に対応し、240fpsのスローモーション動画の撮影も可能だそうです。

FaceTimeカメラも現行モデルの120万画素から500万画素にアップグレードされるとのことです。

次期iPhone「iPhone 6s」フロントカメラはフラッシュを搭載、パノラマ撮影やスローモーション撮影をサポート?
次期iPhone「iPhone 6s」フロントカメラはフラッシュを搭載、パノラマ撮影やスローモーション撮影をサポートすると、MacRumor...

スローモーション撮影ができるようだというのは、以前も報道がありました。

今回は、4K動画でとのことです。

RAMも2GBに

RAMも、2GBに増えると伝えています。

これまで、iPhoneは、1GBのメモリでした。ようやくメモリも増えるのでしょうか。メモリが増えると、速くなるでしょうね。

たくさんのアプリを使ったり、複雑なことをしても、動作が遅くなりにくい。そんな効果があるのではないでしょうか。

次期iPhoneは、ハードも強化されるのか

これまでのパターンだと、iPhoneのハードのアップデートは、2年に1度で、今年はあまりハードは変わらないものかと思っていました。

デザインの変更はないようですが、感圧タッチが搭載されるとしたら、そして、カメラが4Kに対応しRAMなども増えるようだとしたら、意外と性能も大幅に変わるのかもしれません。

逆に、ソフトはそこまで変わらないというのがありそうですね。機能を追加するよりも、安定性を追求しているという話がありますから。

これまでの次期iPhoneについての噂からは、こういう傾向がありそうです。