Apple、2015年内に8,500万〜9,000万台の「iPhone 6s」シリーズを発注?

シェアする

Appleが「iPhone 6s」シリーズの初回生産分として年内に8,500万〜9,000万台発注するようだと、WSJが報じています。

Apple is preparing for a larger initial production run of its next iPhones, betting that even modest hardware changes will entice consumers to upgrade handsets ...

Siri

スポンサーリンク

Apple、年内に8,500万〜9,000万台の「iPhone 6s」シリーズを発注か

Appleが、「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」の初回生産分として8,500万台〜9,000万台をサプライヤーに発注したということです。

これは、昨年のiPhone 6iPhone 6 Plusの販売台数を上回るようです。

強気ですね。この強気はどこから来るのでしょうね。

感圧タッチディスプレイを搭載、ローズゴールドモデルも

噂では、次期iPhoneは、感圧タッチディスプレイを搭載し、ローズゴールドモデルが追加されるのではという話です。

感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始?
Appleが、感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始したと、Bloombergが伝えています。 ...

このような新機能や新しいカラーの追加が、強気の原因なのかもしれません。

また、中国などでも売れると考えているのでしょうか。景気に左右されるところもあるのではないかと思いますが、どうなるでしょうね。

iPhone 6sは、どこまで売れるのか?

iPhone 6sは、どこまで売れるでしょうね。マイナーチェンジのようなところもありますが、意外と売れるのかもしれません。

ただ、景気次第のところもありそうな気もします。それでも売れなければ、下方修正というか、発注を減らせば良いのでしょうから、Appleは、多めに発注をしているというところなのかもしれませんね。

iPhone 6s噂のまとめ