次期iPhone「iPhone 6s」フロントカメラはフラッシュを搭載、パノラマ撮影やスローモーション撮影をサポート?

シェアする

次期iPhone「iPhone 6s」フロントカメラはフラッシュを搭載、パノラマ撮影やスローモーション撮影をサポートすると、MacRumorsが伝えています。

Code hidden within iOS 9 files hints at upcoming iPhone improvements, suggesting Apple could potentially be planning to introduce a front-facing...

iPhoneフロントカメラ

スポンサーリンク

次期iPhone「iPhone 6s」フロントカメラはフラッシュを搭載?

iPhone 6sのフロントカメラは、フラッシュを搭載する可能性があるようです。

また、パノラマ撮影やスローモーション撮影もサポートするとのことです。

どうなのでしょうか。もしそうなると、自撮りがさらに充実しそうですね。

カメラの改善の可能性

iPhoneのバージョンアップのパターンなのかもしれません。

デザインが変わるとき、その他のカメラなどが改善されるとき。この交互を繰り返しているところがありますね。

そう考えると、今回2015年の「iPhone 6s」では、カメラが改善されることは推測できます。そして、フロントカメラは、かなり改善の余地が大きいでしょう。バックカメラは、かなりいい感じになっていますから、こちらを大きく改善することはむずかしい。

iPhone 6s/6s Plusは1200万画素のソニー製カメラセンサー搭載で画質向上?
iPhone 6s/6s Plusはソニー製カメラセンサー搭載で画質が向上するだろうと、Cult of Macが伝えています。 ...

そうなると、フロントカメラが大きく改善される可能性はありますよね。自撮りの需要もあるでしょうし、そのあたりのユーザーの要望を満たすことができれば、買い替えもあると考えられます。「iPhone 6s」で、フロントカメラが改善される可能性はあるのでしょうね。