次期iPhone「iPhone 6s」は画面解像度が向上?フルHDディスプレイ採用

シェアする

中国のfeng.comによると、次期iPhoneは現行の「iPhone 6」シリーズと同じく4.7インチと5.5インチの2つの異なる画面サイズが用意され、画面解像度が「iPhone 6s」は1080p(1920×1080ピクセル)、「iPhone 6s Plus」は2K級になるということです。

iPhone

スポンサーリンク

次期iPhone「iPhone 6s」は画面解像度が向上?

「iPhone 6s」が1920×1080ピクセル、「iPhone 6 Plus」が2Kを超えるのかもしれません。

どうでしょうか。

さらに解像度が上がると、きれいにはなるのでしょう。

ただ、文字など小さくなるとしたら、見づらいような気もします。とくに、iPhone 6sが、4.7インチのままだったら、小さいでしょう。

フルHDになるのか?

技術的には可能なのかもしれません。

そして、他のAndroidスマホと比較して、解像度が見劣りをしないということにもなるでしょう。

だから、可能性はありますよね。ただ、次期iPhoneのときぐらいということになる可能性のほうが高そうにも思えます。

どうなるでしょうね。実際に登場したときが楽しみです。

「iOS 9」、「iPhone 6s」の感圧タッチに対応した機能を搭載?
「iOS 9」では、「iPhone 6s」の感圧タッチに対応した機能を搭載すると、9to5Macが伝えています。