iPhone 6s用部品の生産本格化?台湾各社の幹部が現場で陣頭指揮

シェアする

iPhone 6s用部品の生産が本格化していると、台湾紙『経済日報』が報じているそうです。

米アップル(Apple)のスマートフォンで2015年の旗艦モデル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のプリント基板(PCB)、フレキシブル基板(FPC)を受注したCOMPEQ(華通)、ZDT(臻鼎)、Unimicron(欣興)の台湾系3社では、15年9月18日と言われる発売に向け、本社の幹部が中国にあ...

iPhone 6s 筐体

スポンサーリンク

iPhone 6s用部品の生産本格化

9月18日の発売とも言われているiPhone 6s。前モデルから内部設計が変わったので、歩留まりを上げるために、台湾PCB各社の幹部が現場で陣頭をしているとのことです。

9月に発売だとしたら、部品の精度を今あげておかないとまずいですよね。

量産に入る前に、不具合がないかなどを見つけておきたいところでしょう。

あくまで、台湾の新聞の報道ではありますが、9月発売だとしたら、やはり今が生産が本格化しているときなのでしょう。

次期iPhone「iPhone 6s」シリーズで、強気の生産台数

Appleは、次期iPhone「iPhone 6s」シリーズで、強気の生産台数を目指しているようです。

Apple、2015年内に8,500万〜9,000万台の「iPhone 6s」シリーズを発注?
Appleが「iPhone 6s」シリーズの初回生産分として年内に8,500万〜9,000万台発注するようだと、WSJが報じています。 ...

そうなると、スタート時に不具合などが出ないようにしておくというのは、大切でしょう。この時期の生産が、次期iPhoneの量産への悪影響が大きくなってしまわないように、今が大切なときということなのでしょうね。