iPhone 6s量産、2015年7月から本格化?

シェアする

iPhone 6sの量産が、2015年7月から本格化すると、『経済日報』が報じているとのことです。

米アップル(Apple)のスマートフォンで2015年の旗艦モデル「iPhone 6s」シリーズの台湾系サプライチェーンによる製造スケジュールについて、台湾紙『経済日報』が6月29日付で報じている。それによると、筐体のFoxconn Technology(鴻準)とCatcher(可成)レンズのLargan(大立光)、バッ...

iPhone6_Color

スポンサーリンク

iPhone 6s量産、2015年7月から本格化?

次期iPhoneのiPhone 6sの部品の量産が、7月から本格化するようです。

また、組立のフォックスコン、ペガトロンが8月中〜下旬にかけて本格的な量産段階に入るとのことです。

このタイミングだと、やはり9月から発売ということになりそうですね。

デザインは変わらず?

これまで、あまり新しいiPhoneの部品の写真などが登場していません。

あまりデザインに変更がないからなのか、これまでは、情報が出てきていませんが、これまでどおりであれば、今回のアップデートでは、デザインに大きな変更はないのかもしれません。

感圧タッチ

iPhone 6sには、感圧タッチパネルが搭載されるのではという話があります。

感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始?
Appleが、感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始したと、Bloombergが伝えています。 ...

Apple Watch、MacBookに搭載されてきましたから、ありえそうな話です。

これから、さらに次期iPhoneの情報が出てくると、詳細などがわかってきそうですね。