感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始?

シェアする

Appleが、感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始したと、Bloombergが伝えています。

感圧タッチ

スポンサーリンク

感圧タッチ技術を搭載した次期「iPhone」の生産を開始?

Appleが、感圧タッチ技術を搭載した「iPhone 6s」を発売すると言われています。

その次期「iPhone」を生産開始したということです。

例年どおりであれば、9月に新しいiPhoneが発売されます。そう考えると、そろそろ生産が始まるというのもあり得るのでしょう。

ただ、少し早いですよね。早めに生産を開始して、在庫を揃えておきたい。そういう意図があるのかもしれません。

Apple Watchでは、Taptic Engineの部品が足りないことで、供給が遅れたというのがあるようですから。

やはり次期iPhoneには、感圧タッチが搭載?

こういう記事が出てくるということは、やはり次期iPhoneには感圧タッチが搭載されるのでしょうか。

Apple Watchから始まって、MacBookにも搭載されています。

自然に考えると、iPhoneにも感圧タッチが搭載されるというのはありえないことではないでしょう。実際はどうなるのか気になるところですね。