次期iPhone(iPhone 6s or iPhone 7)は感圧タッチやA9プロセッサ、2GBのLPDDR4メモリを搭載?

シェアする

次期iPhone(iPhone 6s or iPhone 7)は、A9プロセッサや2GBのLPDDR4メモリ、感圧タッチを搭載と、GforGamesによるとKGI証券が報告しているそうです。

スポンサーリンク

次期iPhone(iPhone 6s or iPhone 7)は感圧タッチを搭載?

Apple Watchで搭載された、感圧タッチディスプレイ。

次期iPhoneでも、採用されるということのようです。

これはどうでしょうか。たしかに採用されると、また違ったアプリが登場するなどおもしろそうとは思います。

そして、技術的にも、Apple Watchで採用されているわけですから可能でしょう。

可能性としてはあるのでしょうね。

A9プロセッサ、2GBメモリ

プロセッサは、A9になるようです。メモリは2GBということのようですが、これはようやく2GBになるということでしょうか。

これまでも、iPhoneのメモリの増量の噂は長いことありました。ようやく搭載されるのかもしれません。

ローズゴールドモデルも?

ローズゴールドモデルが登場するということのようです。

これは、どうなのでしょうね。今のゴールドがローズゴールドになるのか、新色が追加されるのか。

イメージとしては、こんな感じなのでしょうか。

サファイアガラスはサプライヤーが十分な歩留まりを確保できれば、iPhone 6s Plusのディスプレイに用いられるという話もあるようです。

次期iPhone(iPhone 6s or iPhone 7)の今後の情報が気になるところですね。