お得にiPhone、スマホを使うなら

iPhoneはこちらで
アップル公式サイト
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

LG、2018年のiPhone向けにLCDとOLED両方を供給?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LGが、2018年のiPhone向けに、LCDとOLED両方を供給するのではという話が出てきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LG、2018年のiPhone向けにLCDとOLED両方を供給?

three-iphones-2018

DigiTimes

LG、2018年のiPhone向けにLCDも供給?

OLEDパネルを受注したという話がありました。

こちらは、今年Appleに向けて、300万〜400万枚のOLEDパネルという話がありました。

一方で、2,000万枚のLCDパネルも供給するという話ですね。

2018年のiPhoneは3モデル?

2018年秋以降に、iPhoneが3モデル、FaceID搭載iPad Pro、Apple Watch4、MacBook Airが登場?

2018年のiPhoneは、3モデル登場すると言われています。

このうち2つが、有機ELディスプレイで、1つがLCDだと言われていますね。

この3つのうち、2つで、LGがディスプレイを供給することになるのかもしれません。

2019年のiPhone向け6.5インチOLEDパネルも受注?

また6世代生産ラインの歩留まりを向上させタコとで、LG Displayはすでに2019年のiPhone向け6.5インチOLEDパネルも受注しているということです

このため、2019年は、年間1,000万枚のOLEDパネルを出荷予定であると、DigiTimesは伝えています。

 

2019年は、さらにLGは、OLEDパネルを供給することになるのかもしれません。

有機ELディスプレイを確保しているApple

iPhoneXで採用された、有機ELディスプレイ。

サムソンがほぼ独占的に供給していると言われています。

 

2018年では、さらに6.5インチのモデルで、OLEDが搭載されるとも言われていますね。ここで、LGにも供給してもらい、そこから、2019年では、供給量を増やしていくということを狙っているのではないでしょうか。

部品がないことには、iPhoneを発売できないですからね。

OLEDを確保しているのでしょう。